パワーラーニング 音読学習法、英会話が短期間でメキメキ上達!

お問い合わせはこちら カートを見る
ホームサイトマッププライバシーポリシー

まずは無料体験版から

体験者の声

開発者・インストラクターとフリートークができるチャンス

大学との産学連携で誕生した最も効果的な最新英語学習法あなたは、英語を話せるようになるため、どんな学習方法をしていますか?ただ英語を聞くだけや、参考書とにらめっこをするだけでは本当に英語を話せるようになるにはなかなか難しいことです。
英語が本当に話せるようになるために重要なことは、実際に英文を声に出して、何度何度も繰り返すことです。音読こそが、英語を話せるようになるための、最短の近道なのです。

パワーラーニング4つのPoint

大学との共同研究で誕生 シューリマンの音読学習
相乗効果 多彩なテロップで楽しく学習
日本人が英語が苦手な理由 音読の効果音読のススメ5か条

国立大学との共同研究で開発された最新の音読英語学習法国立大学との共同研究で開発された最新の音読英語学習法

三重大学副学長・人文学部教授であり、数多くの国際会議等で活躍している児玉克哉氏が開発したシュリーマン式パワーラーニング。本当に英語を話せるようになるには音読が何よりも大切です。その音読を楽しく効果的に学習できるよう大学との共同開発ならではのアイデアをたくさん詰め込みました。

開発者:児玉克哉のあいさつ
国立大学との共同研究で開発された最新の音読英語学習法

 

語学の達人シュリーマンが行った音読学習語学の達人シュリーマンが行った音読学習

シュリーマン博士

トロイアの遺跡を発掘したことで著名なドイツの考古学者シュリーマン博士が、考古学者として歴史的な成功を収めることができたのは、語学の達人であったことが大きく貢献していると言われています。ドイツ語のほか、英語、フランス語、オランダ語、スペイン語からアラビア語にいたるまで、一説によると30か国語 もマスターしたといわれています。
多くの外国語を身に付けたシュリーマンの学習法は、一言でいえば、音読です。彼は、外国語を話すネイティブを家庭教師につけ、文章を訳してもらいそれを家 庭教師とともに何百回、何千回と音読することによって、その外国語を体で覚えたといいます。このことによって、スピーキング力、リーディング力、ライティング力の全てを飛躍的に向上させたといわれています。 このシュリーマンが行った音読学習法をベースに、現代の映像技術を活用して、より効果的に、より楽しく、より簡単に英語を学べるように考案したのが、シュリーマン式パワーラーニングです。

聞く・見る・しゃべるの相乗効果聞く・見る・しゃべるの相乗効果

聞く・見る・しゃべるの相乗効果

シュリーマン式パワーラーニングは音読によって視覚、聴覚、声帯など身体の多くの機能を使い運動記憶に訴える新たな学習システムです。
音声をよく聞き、テロップの英文を見て、実際に発音するだけ!
辞書もいりません。テキストもいりません。すべて必要な情報は、映像のテロップに入れ込みました。
あまり頭で考える必要はありません。ただ、このシュリーマン式パワーラーニングは英語を聞くだけの教材ではなくパワフルに短時間で効率よく英語を学ぶため のものですから、根性を持って、何度も繰り返し声に出すことが、必要です。目と耳と口を最大限に活用して、体で英語を覚えましょう!!

多彩なテロップパターンで楽しみながら音読を多彩なテロップパターンで楽しみながら音読を

音読学習は繰り返すことが重要ですが、単調で、退屈になってしまい、なかなか続かない人も多いです。そこでこのシュリーマン式パワーラーニングでは、和訳やアクセントなど様々なパターンのテロップを入れ込んだ映像を用いて、効果的に楽しく、ストレスがないように英語を習得できるようにしています 多彩なテロップパターンで楽しみながら音読を

日本人はなぜ英語が話せないの??日本人はなぜ英語が話せないの??

日本人はなぜ英語が話せないの??

日本人が英語学習に費やす時間を考えてみてください。最近では小学校からの学習も始まっていますが、多くの日本人は中学から英語学習を始めました。中学校 で3年、高校で3年英語を学習します。それだけですでに6年。中には、大学で英語を学習してきた人や、英会話スクールなどで会話を学んできた人もいるで しょう。しかし、それだけやっても、海外に出たときに、英語を実践的に使える人は少ないのです。一体、なぜ、ここまで日本人は英語が苦手なのでしょうか。
その理由の一つは、学習方法にあります。日本での英語学習は、パズルを解くような受験勉強でした。英語自体を学ぶというよりも、パズルの勉強をしてきたと いってもいいかもしれません。日本人は「頭」で英語のパズルを解く練習をしてきて、「体」で覚える、という学習方法をとってこなかったのです。語学の学習 で音読が非常に効果があるといわれていますが、日本人はこの音読をほとんどといっていいほどやってこなかったのです。
今からでも遅くはありません。このシュリーマン式パワーラーニングで楽しく英語を学びましょう!

音読のすすめ 5か条

第1条 受験英語から脱却せよ!

受験英語から脱却せよ!日本人のほとんどは、受験英語の影響を受けながら英語を学んでいます。そのため英語を学ぶというよりも、受験のための英語パズルを学ぶといった結果になりました。 日本語で、’’It is ……that……’’の構文が説明できたとしても、実際の英会話の場面ではほとんど役に立たないのです。音読は実践力を養います。ただこれまでの受験英語の学習が無駄なわけではありません。これまで学んだ受験英語が、音読によって実践英語に蘇ってくるのです。

第2条 聞くだけ、は時間がかかる。音読で効率的に英語を学べ!

聞くだけ、は時間がかかる。音読で効率的に英語を学べ!よく聞くだけで英語がうまくなる、読むだけで英語がうまくなる、という人がいます。たしかに、非常に長い時間、英語を徹底的に聞いたり、読んだりすれば、確実に英語のスペシャリストになります。この方法で英語の達人になった人は、1000時間などの長い時間をかけて、英語を聞くなどしていま す。しかし、私たちのほとんどはそこまで英語に時間をかける余裕がありません。音読は、聞く、見る、しゃべるを一気にする極めて効果的な方法です。

第3条 英語は口で覚えろ!

英語は口で覚えろ!英語を頭で考えようとするから、いざという時にでてこないのです。音読は何度も何度も口ずさみますから、口が英語を覚えてしまいます。もっと言えば、体が英語を覚えるのです。日本語で会話するときのことを思い出してください。頭で構文を考えてから、日本語を話すわけではありません。ほぼ瞬間的に日本語が口から出てきているから会話が成り立っているのです。音読は体に英語を覚えさせる方法です。だから、実践的なのです。

第4条 音読で文字と意味と音を一気に結び付けろ!

音読で文字と意味と音を一気に結び付けろ! よく英会話はできないけど、書かれた文章は読める、という人がいます。日本の受験英語では読解もあるので、辞書を片手に時間をかければ「読める」という日本人は多いのです。文字と意味と音が結びついていないので、「読める」日本人が、「話す」ことや「聞く」ことができないのです。音読をすれば、これが一気に結びつきます。特にパワーラーニングでは、これを意識してテロップをいれてありますから、簡単に楽しく、この「結び付け」ができるのです。

第5条 日本人的発音、イントネーションから脱却せよ!

日本人的発音、イントネーションから脱却せよ!

よく日本人の英語は抑揚がなく、子音に母音がついて、分かりにくいと言われます。「アイ シンクウ ザットオ ユウ アー ライトオ」と抑揚なく喋ったのでは、なかなか通じないのです。どうしたらいいのでしょうか。簡単な方法は、ネーティブの喋りと一緒に音読することです。何度も何度も繰り返すなら、こうした日本人的発音、イントネーションが徐々に矯正され、通じる英語になります。

パワーラーニング注文する

pageop

発行・販売/フィークジャパン株式会社 企画・監修/児玉克哉(三重大学副学長・人文学部教授)
copyright©2012 FEEK JAPAN Inc. all rights reserved.